ホーム>K`sブログ>2016年11月

2016年11月

伊豆山平日芋煮会

朝は曇り空でしたが、お昼近くには日差しが出てきました。
 
今日は初めての平日開催の芋煮会。
 
医療関係者の日?なんです。
 
2016113014229.JPG
海はとても静か、水は青く綺麗!
 
透視度は20m~、水温は21℃前後。
 
2016113014256.JPG
伊豆山自慢の「活きた海」ソフトコーラルのお花畑ですが、少々パワーダウンかな・・・?
 
ここ何年かダイバーが多く入るようになってしまったので、傷んじゃいますよねぇ~??
 
2016113014310.JPG
全体的に魚は少な目で残念でしたが、ここまで水が綺麗な伊豆山は久しぶりで好評でした。
 
沖根の根頭には少々群れていますけどね・・・
 
2016113014244.JPG
ここ伊豆山の真弓丸の川口夫妻はとても素敵で心地良い空間を提供してくださるのでイイんです!
 
今度の土曜日も行っちゃおうかなぁ~

OWD海洋実習

海洋実習2日目ですが、前回はスノーケリングと1スクーバだったので獅子浜です。
 
雨が降ったりやんだり時々太陽も・・・はっきりしない天気の本日。
 
海は穏やかで水もキレイで、海洋実習日和?
 
20161128231639.JPG
当店とテクニカルチームの2チームだけです。
 
透視度は15m以上、水温は21℃前後。
 
20161128231658.JPG
本日の最大深度は15m。
 
アジやネンブツダイそしてキンギョハナダイやソラスズメダイの群れ、ヒラメもいたし、ヨウジウオも観ましたね。
 
なにしろ海洋実習中ですので、このくらいです・・・
 
20161128231724.JPG
しっかりダイビングを練習しておりますので、まあ内容的にはいろいろとね・・・
 
年齢の割には随分とイイ感じですので、次回からは初島で行います。
 
このまま頑張っていただきましょうねぇ~!
 
また来週で~す。

工事休みで期待

気温が下がり寒くなってきたので、ダイバーは随分減りました・・・
 
水面は風波が少々あるものの、水は青く綺麗でまだまだ水温も高めです。
 
今日は日曜日で工事はお休みなので期待は大。
 
201611281176.JPG
浅場は小魚の群れ、メジナの大群、キビナゴの大群と追うカンパチやイナダで面白いのです。
 
タカベやイサキの群れも沖では健在です。
 
2016112811718.JPG
透視度は20m以上、水温は21℃前後。
 
マクロ系の生物は見どころ満載です!
 
2016112811652.JPG
オランウータンクラブ、イロカエルアンコウ(黄、橙)、クマドリカエルアンコウ、タツノイトコ、ハナタツ、イソバナガニ、ムチカラマツエビ、他・・・
 
オビテンスモドキの幼魚は随分大きくなりまして、警戒心が強くなったようで・・・なかなか表に出てきません。
 
2016112811632.JPG
さて、水青く魚も多く素晴らしい状況が続いています。
 
ドライスーツで快適に、しっかりダイビングを楽しみませんかぁ~?

また工事です・・・

秋はどうしたのか・・・?
 
すっかり冬のイメージで、初島から見る富士山も真っ白です。
 
そんな島は工事中で、音が大きいと魚は減りますよねぇ~
 
20161126232819.JPG
数が少々強く吹いているので波があります。少し注意が必要ですね。
 
透視度は20m前後、水温は21~22℃。
 
20161126232853.JPG
タカベの群れ、イサキの群れと追うイナダやカンパチ、メジナ、スズメダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クロホシイシモチなどの群れはいます。
 


 

小さいものは相変わらず多く、オランウータンクラブ、ホシテンスの幼魚、タツノイトコ、クマドリカエルアンコウ、イロカエルアンコウ、コノハガニ、イソバナガニ、オルトマンワラエビ、ムチカラマツエビ、他・・・
 
2016112623284.JPG
群れもマクロも、切り替え次第でどのようにも楽しめる初島です。
 
20161126232840.JPG
今日は1ダイブ目に新根~四つ岩方面、2ダイブ目はダイワハウス第二~第一~文鎮コース。
 
あ~、久しぶりにヘラヤガラ観たなぁ~
 
お待ちしております!

荒れてる~

いやぁ~、冷えます。
 
曇り空、寒い一日でしたねぇ・・・
 
風が強く今日の初島は荒れていました。(メインポイントのフタツネは・・・)
 
2016112403817.JPG
メインのポイントはウチと他1グループのみで空いていて快適!
 
荒れていたので、静かな裏のポイント(ニシマト)に皆さま移動されたようです。
 
水は青いのですが、15mくらいまではウネリがあります。
 
魚たちもウネリに負けてフラフラしていますねぇ・・・
 


 

透視度は20m前後、水温は21~22℃ほど。
 
ウネリの影響があるところでは、少し白っぽくなっています。
 
201611240384.JPG
群れは少々少な目ですが、イナダやワラサそして少しカンパチも周っています。
 
タカベやイサキの群れも元気ですが、イロカエルアンコウ、クマドリカエルアンコウ、オランウータンクラブは元気です。
 
マクロレンズを用意したのですが、少し慣れが必要なようですなぁ・・・
 
201611240372.JPG
さすがに冷えてきているので、ドライスーツの人が多くなり更衣室の簀子が随分濡れなくなりました。
 
毎年何度か目にする水中考古学なんたら~という団体様が本日いらっしゃいまして・・・
 
イタリア語らしい言葉の外人さんも交じっていて、更衣室の棚に靴があったり簀子の上に濡れたまま上がっていたので~普通(シャツにネクタイ)のスーツ姿でいたお偉方のような方に「他の方もいらっしゃるので、注意事項を説明してあげてください」とお願いをしておきましたが・・・どうだったかな?
 
しかしなぁ~、この外国人ということに関わらず、更衣室の棚に靴が置いてあることは珍しくない・・・
 
私にはと~っても不思議なのだが、普通のことですか?
 
濡れたまま、簀子の上に上がる、靴のまま上がるって・・・どうなんですかね??
 
2016112403834.JPG
って、明日は雪が降るようなのでご注意ください。
 
たぶん、海はお休みでしょう。

シャークタワーだぁ~

今日は朝からイイお天気でテンションアーーーップ!!
 
ポカポカで半袖でも良さそうな陽気です。
 
風もなくポカポカ陽気で、一緒に来た華もゴキゲンです(笑)
 
20161121204430.JPG
海も青く、心配した流れも弱く問題ナシ。1ダイブ目は西から入ることができました。
 
透視度は20m以上、水温は21~22℃。
 
さて、一年ぶりの伊戸AKKDは今回も絶好調~!
 
20161121204417.JPG
ドチザメとアカエイは増量!?クエとコブダイはひと回り大きくなったような・・・
 
何だか全てがパワーアップした感じです。
 


 

どうしてもAKKDに気を取られがちですが、実は可愛いお魚もいっぱーーい群れています。
 
20161121204444.JPG
カラフルなソフトコーラルもとっても綺麗です。
 
2016112120446.JPG
あれこれ色々楽しめる伊戸。
 
まだ未体験の方は是非一度潜ってみて~♪ オススメです!!

秋の波左間

久しぶりの房総ツアーは生憎の雨からのスタート。
 
雨着とブーツを着用しての出発となりました。
 
珍しい朝の移動なのに、私には厳しい出足です・・・
 
がぁ~、海はとても良い状況でございました!ここの海は素敵ですよ~!!
 
20161121184945.JPG
今日はもう1ショップと個人のお客さまのようでした。
 
混雑は、ありませんね。
 
雨でも、とりあえず居場所はあるので、ありがたいですねぇ~
 
20161121184957.JPG
1ダイブ目は高根。
 
海中神社とコブダイが有名ですね。クロダイやメジナもたくさんいます。
 
なかなかの魚影、コーラルも美しくフリソデエビも登場なんです!
 
2016112118509.JPG
2ダイブ目はドリーム~タイヤ漁礁~ドリーム。
 
ソフトコーラルがスッゲェ~!&群れが素晴らしい!
 
最近はニシキフウライウオとクダゴンベが旬らしい・・・
 
20161121185031.JPG
初めて?水が青い波左間に潜りましたが、ホントに素晴らしい海です。
 
20161121185020.JPG
透視度は20m以上、水温は22℃前後。
 
早めに次の房総ツアーを開催したいと思わせていただきました。
 
やっぱり、秋からだな・・・

OWD海洋です

曇り&雨、OWD海洋実習の一日目はいつもの獅子浜です。
 
20161114212820.JPG
海は静かで水もキレイです。久しぶりに青い・・・?
 
意外にダイバーが多い中、落ち着いてゆっくりできました。
 
プールでの練習がまずまず身についていらっしゃるようで、イイ感じでございます。
 
20161114212839.JPG
透視度は15m前後。水温は22℃。
 


 

この調子で頑張っていただきましょう!

小春日和?

なかなかイイお天気!
 
素敵な秋晴れの一日は小春日和と言われるような?快適な日でした。
 
海も最近では最も静か、水も青く素敵です。
 
20161114185734.JPG
透視度は20m以上、水温は22℃前後。
 
ちょっと魚が少な目なのが、残念!
 
2016111418580.JPG
ダイワハウスがこの通り・・・
 
死滅来遊漁やマクロ生物は豊富ですけどね。
 
20161114185747.JPG
オビテンスモドキの幼魚は発見時の3倍以上、オランウータンクラブも1.5倍ほどに・・・
 
夏~秋に産まれた子供たちは、順調に成長し大人になりつつあります。
 
20161114185810.JPG
最も魚が活動する、種類が多く登場する水温帯らしいので群れに期待したいのですけど。
 
ちょっとね~群れが続きません。
 
群れ、大物好きの私にはホント残念ですが・・・今後に期待!

残念な工事

今日は日差しもあり暖かく快適な日でした。
 
風波が少々残り、浅場はウネリが少し、そして流れがありました。
 
201611130439.JPG
港の工事をやっているので音と砂が少々舞ったりして、魚が少なく濁りを感じたりもするのですが・・・
 
工事は午前中に終了。水もなかなかの青さになり、魚も復活です。
 
2016111304350.JPG
透視度は20m前後、水温は22℃前後。
 
工事の音は魚には大変な影響があるようで、午前中は本当に少なくなっていました。
 
2016111304339.JPG
小さいのは元気です。クマドリカエルアンコウ、イロカエルアンコウ、オビテンスモドキ幼魚、ホシテンス幼魚、ハナタツ、タツノイトコ、オランウータンクラブなんてのがいます。
 
午後の群れもまずまず?
 

 
イサキやタカベ、スズメダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クロホシイシモチ、そしてキビナゴの大群。見事なぶりも登場!
 
2016111304326.JPG
工事さえなければ、かなり良い海なハズ・・・