ホーム>プロコース

プロコース

プロコース

PROFESSIONAL COURSE

ダイブガイドプログラムは、より深くスキューバダイビングに関わりたいと願うも、責任を負うことや、またはSSIインストラクターになって完全に従事するまでの準備ができていないダイバーにとってのシンプルな道と言えるでしょう。

ダイブガイドプログラムはダイブプロフェッショナルとしての冒険へのスターティングポイントであると言えます。 ダイビングサイエンスというスペシャルティを修了することは、SSIダイブマスターへグレードを上げるステップなのです。このスペシャルティは水中セッションを要せず、物理学、生理学、減圧理論、器材、及び水中環境に関し徹底した情報を加えることになります。

ダイビングサイエンスは、SSIダイブコントロールスペシャリストコースの基礎となるもので、SSIダイブマスターになるためには必須となります。

ダイブガイドプログラムはまず、実践応用、バックグラウンド情報、および柔軟性を使用したトレーニングから入ります。到達目標は、十分な訓練ができており、多才なスキルを備え、かつ引く手数多なダイブプロフェッショナルを育てることです。 レクリエーショナルダイビングを愛し、その気持ちを他の人々と共有することに意欲的な、ダイビングを愛してやまないダイブプロフェッショナルの方々なら、SSIダイブコントロールスペシャリストというプログラムが、自身のダイビングアドベンチャーの範囲に新たに広がりをもたせることができる、価値ある体験となるでしょう。

SSIダイブコントロールスペシャリストプログラムは、ダイビングインストラクションへの扉を開きます。
 

ダイブガイド(DG)

2015128185116.png

ダイブガイドプログラムはまず、実践応用、バックグラウンド情報、および柔軟性を使用したトレーニングから入ります。到達目標は、十分な訓練ができており、多才なスキルを備え、かつ引く手数多なダイブプロフェッショナルを育てることです。SSIダイブガイドは、認定ダイバーを引率しガイドすることができます。さらに、スノーケリングインストラクターのプログラムに合格すれば、ダイブガイドはスノーケリングを教え、スノーケリング認定証を発行することもできます。 ※参加資格:マスターダイバー認定(または同等以上)

※コース費用:¥120,000(消費税別)  
他、教材費・プール実習日・海洋実習費が必要となります。

ダイブマスター(DM)

DIVEMASTER

ダイブガイドに加え、ダイビングサイエンススペシャルティプログラムを修了すると、ダイブマスターになります。ダイブマスターは、トライスクーバ(プールのみ)を行うこともできますし、プールや限定水域でSSIインストラクターを補佐し、直接指導のもとに海洋実習を行うことができます。

※参加条件:ダイブガイド認定

ダイブコントロールスペシャリスト(DCS)

DCS

あなたには3つの選択肢があります。ダイブガイド、ダイビングサイエンス、ダイブコントロールスペシャリストをひとつずつ取得していくか、もしくは当該3コースをひとつのプログラムとして完了するか、または公認機関のダイブマスターとしてプログラムに参加するか、の3通りです。ダイブコントロールスペシャリストとして、あなたは次の4つを行うことができます。①認定ダイバーを引率およびガイドする。②学科、プールおよび海洋でSSIインストラクターのアシスト。③SSIインストラクターの間接的監督のもと学科およびプールでのスキル(緊急スキルを除く)の指導。④SSIスクーバスキルズアップデート、SSIスノーケリングおよびSSIトライスクーバ(プールのみ)の各プログラムの指導およびトレーニングスペシャリストへの昇進。

※詳細はお問い合わせください。

トレーニングスペシャリスト(TS)

TS

ダイブコントロールスペシャリストは、インストラクター用アウトラインを購入し、チームティーチングを修了することでトレーニングスペシャリストになることができます。これらのスペシャルティプログラムには、コンピューターダイビング、水中デジタル写真、器材テクニック、パーフェクトボイヤンシーおよびエマージェンシートレーニング含まれます。

※詳細はお問い合わせください。

インストラクタートレーニングコースのご案内

東京のダイビングスクールでインストラクター養成・資格取得はケイズリパブリックへ

インストラクター・プロランク

DIVEPRO

SSIにとってダイブプロフェッショナルのキャリアの中で最も重要なステップは、新しいダイバーを育てるSSIオープンウォーターインストラクターです。オープンウォーターインストラクターの使命は初心者を鼓舞し影響を与えることで、彼らをダイビング経験とともに献身的なダイバーに育てることです。 インストラクタートレーニングコース(ITC)のゴールは、あなたの業界知識を増やし、教育スキルを拡大し、最新式のワークショップと実用的な実習を通じてプロフェッショナルなプレゼンテーションと販売経験を加えることです。これは、「究極のダイビング経験(The Ultimate Diving Experience)」を提供する方法を学ぶ機会です。 ITC候補生は、ユニークなプログラムを受講することになります。あなたは、多くの優秀なダイブプロフェッショナルが達成してきた挑戦を受け入れようとしています。今日のダイビング業界が競争的でありつづけるために、プログラムはすべてのダイブプロフェッショナルが最新の業界知識を備えていることを確実とするためにアップデートされ続けてきました。

オープンウォーターインストラクター(OWI)

OWI

ダイブコントロールスペシャリストになり、ITCに参加してインストラクター・エヴァリュエイション(IE)に合格するとオープンウォーターインストラクター(OWI)になります。
オープンウォーターインストラクターとして、あなたはスクーバダイバー、ジュニアオープンウォーターダイバー、オープンウォーターダイバー、アドヴァンスドアドベンチュアラー、スクーバスキルズアップデート、トライスクーバ、そしてダイバー・ストレス&レスキューを教え、認定カードを発行することができます。

※コース費用は¥220,000(消費税別)  他、教材費・プール実習費・海洋実習費が別途必要です。

※他団体からのクロスオーバーをご希望の方は、現在お持ちの団体・資格・内容によって異なりますのでご確認ください。

スペシャルティインストラクター(SPI)

SI

SSIオープンウォーターインストラクターに認定されれば、SSIスペシャルティインストラクターランクへの準備が整ったということです。 SSIスペシャルティコースを教えるためには、スペシャルティインストラクターセミナーに参加するか、チームティーチングをする、あるいは書類を提出することで認定が受けられます。スペシャルティプログラムには以下のものが含まれます: ボートダイビング、ディープダイビング、デジタル水中写真、ドライスーツダイビング、器材テクニック、アイスダイバー、ナビゲーション、ナイト/視界不良ダイビング、パーフェクトボイヤンシー、ダイビングサイエンス、サーチ&リカバリー、波・潮・カレント、レックダイビング等。

※コース費用は現在お持ちの資格・内容によって異なりますのでご確認ください。

   他、教材費・プール実習費・海洋実習費が別途必要です。

アドヴァンスドオープンウォーターインストラクター(AOWI)

AOWI 

4つのスペシャルティインストラクターの認定と、15のスペシャルティコース認定カードを申請されていれば、アドヴァンスドオープンウォーターインストラクターにアップグレードされます。 アドヴァンスドオープンウォーターインストラクター認定後は以下のことができます: アドヴァンスドオープンウォーターダイバー、ジュニアアドヴァンスドオープンウォーターダイバー、ダイブガイド、ダイビングサイエンス、ダイブマスター、スノーケルインストラクタープログラムを教え、または監督し、認定証を発行する。また、認定されているスペシャルティを教えることもできます。

※コース費用は現在お持ちの資格・内容によって異なりますのでご確認ください。

    他、教材費・プール実習費・海洋実習費が別途必要です。

 
お問合せ
お申込み

インストラクター養成のことなら東京のダイビングスクール【ケイズリパブリック】

東京ダイビングスクール【ケイズリパブリック】では各種プロレベルのコースをインストラクター養成までほぼ全てをご用意しております。 経験豊かなインストラクターが丁寧に指導いたします。 ダイブマスター等のプロコース、インストラクター養成のことなら東京のダイビングスクール【ケイズリパブリック】にご相談ください。